第48期新人王戦、藤井聡太四段-横山大樹アマ戦です。対局は関西将棋会館「御上段の間」で5月4日(木)10時開始予定。持ち時間は各3時間。先後は藤井の振り歩先で決定する。振り駒の結果、と金が3枚出て横山アマの先手となりました。


藤井聡太四段は、現在、デビューから公式戦15連勝中。




☗横山大樹(よこやまだいき)

立命館大学将棋部の出身。

札幌市在住の会社員。

独特の手厚い将棋と粘り強い指し回しで、何度もチームの窮地を救った。

支部名人(2010)、オール学生選手権優勝(2009)

2016年11月の第53回赤旗名人戦、2017年3月の第40回朝日アマ名人戦全国大会に続き、2017年4月に行われた第46回支部名人戦東地区大会(今月、西地区優勝の久保田貴洋さんと全国優勝を賭けて対戦予定)で優勝した。ここ半年間、主要アマチュア全国大会での負け知らず。現在のアマチュア棋界で最も充実している。アマチュアを代表して藤井聡太4段に挑む。


☖藤井 聡太(ふじい そうた)四段

2002年7月19日生まれの14歳。

愛知県瀬戸市出身。杉本昌隆七段門下。2016年、四段。

棋士番号は307。


初手からの指し手

☗2六歩     ☖8四歩

☗2五歩     ☖8五歩

☗7八金     ☖3二金

☗3八銀     ☖7八銀

☗9六歩     ☖9四歩

☗3六歩     ☖8六歩

☗同   歩     ☖同    飛

☗3七銀     ☖8四飛

☗8七歩     ☖3四歩

☗4六銀     ☖5二玉(20手目)


先手は飛車先の歩を交換しておらず、☗4六銀ではすでに前例がありません。

手探りの戦いなので、長考が続くのではないかと解説の屋敷九段。



【 20手目  ☖5二玉まで 】




20手目以下の指し手

☗5九玉     ☖7四歩

☗7六歩     ☖8六歩

☗同    歩     ☖同    飛

☗5六歩     ☖7六飛(28手目)


藤井四段は、☖8六歩から☖7六飛と横歩取りを仕掛けました。☖8六同飛☖7六飛のいずれの局面でも飛車を生け捕りにする手順があります。藤井さんは承知の上です。


例えば、☖7六飛の局面では、☗2二角成☖同銀☗8七金以下、(1)☖7五飛☗8六金☖6五飛☗7六角☖6四飛☗5五銀☖7三角(A1図)

(2)☖5六飛☗6五角☖5四飛(A2図)

戻って☖8六同飛の局面では、(3)☗2二角成☖同銀☗8八銀☖7六飛☗8七銀☖7五飛☗8五銀☖6五飛☗7七桂☖6四飛☗5五銀☖7三角☗4六角(A3図)



【 参考A1図  ☖7三角まで 】




【 参考A2図  ☖7三角まで 】




【 参考A3図  ☗4六角まで 】




【 28手目  ☖7六飛まで 】



28手目以下の指し手

☗5五歩     ☗8六飛

☗2四歩     ☖同    歩

☗5四歩     ☖同    歩(34手目)



横山アマは、☗5五歩と角道を止めました。8六飛に対しては☗3五歩が有力と広瀬八段、屋敷九段の見解。しかし横山アマは☗5四歩 〜 ☗2四歩とし、2筋飛車先の歩を切りました。感想戦では、後手から☖7五歩とされると模様が悪いので2筋からの仕掛けにしたと横山アマ。


後手玉頭の5三にいつでも王手がかけられます。広瀬章人八段は、☗4五銀もあると解説しました。


横山アマは、☖5四同歩の局面で、☗5五歩を読んでいたと言います。☗5五歩以下は、(1)☖同歩☗2四飛☖7三銀☗5四歩(B1図)

(2)☖4一玉☗5四歩☖5二歩(B2図)


藤井四段は(1)の順は怖いと言います。☗5五歩なら(2)に進んだ可能性が高いのですが、5四の取り込みがどれほど良いのかはっきりしないらしい。横山アマは☗5四歩が伸びすぎに感じたからと悔やんだ。



【 参考B1図  ☗5四歩まで 】 




【 参考B2図  ☖5二歩まで 】 




【 34手目  ☖5四同歩まで 】



34手目以下の指し手

☗2四飛     ☖2三歩

☗2八飛     ☖7三銀

☗8七歩     ☖8二飛(40手目)


☖7三銀は、☖6四銀として玉頭5三の補強と攻めの含みのようです。ここから横山アマは中央より動き始めます。



【 40手目  ☖8二飛まで 】






【 参照 】
日本将棋連盟ライブ
Abema TV


初稿 V01 2017/05/04
更新 V00 0000/00/00